乳酸菌青汁で便秘が改善できない?食物繊維の多い野菜で便秘が悪化した人も必読

乳酸菌青汁で便秘が改善

 

乳酸菌青汁で便秘が改善できないのか、調べて紹介していきます。

便秘に悩んでいる方で食物繊維の多い野菜を多く食べて、便秘がさらに悪化してしまった経験のある方は、なぜ便秘対策が失敗してしまったのか、その理由を知ってみませんか。
理由を知って正しい便秘対策をしていきましょう。

 

食物繊維の多い野菜で便秘が悪化することも

便秘というと食物繊維を含んだ野菜を食べて、お通じを良くしていくことが、一般的な便秘の対処法として言われています。

 

しかしこの方法では、あまり良好な結果が得られない方や、むしろ便秘が悪化してしまう方もいるのです。なぜそんなことになってしまうのでしょうか。

 

それは下記のようなことが関係しています。

  • もともと便秘などで腸の活動が弱ってしまった状態になり、腸がうまく動いていない
  • 食物繊維を含んだ野菜を摂取しても、腸がうまく動ごいていないので、腸内に老廃物が蓄積する

 

食物繊維の多い野菜

 

このように既に腸内環境が悪化してしまって、腸の活動が弱ってしまっている方には、いくら野菜を摂取したとしても腸そのものが弱ってしまっているので、お通じが良くなることはあまり期待できないといえます。

 

もちろん食物繊維の多い野菜を食べて、便秘が解消する人もいますが、それはまだ軽度な状態で腸の活動もまだまだしっかりとしているからであります。

 

それでは食物繊維を含んだ野菜を食べても、便秘が解消できない人はどのようにすればいいのでしょうか。

 

腸の活動を復活させる便秘解消

物繊維を含んだ野菜を食べても、便秘が解消できない人は、腸の活動を復活させる必要があります。

 

それではどのような改善対策をしていけばいいのか、下記にまとめました。

 

  • 適度な運動をして、腸を全体を動かす
  • 発酵食品を日常的に食べて、善玉菌を増加させる

 

適度な運動は、腸の活動を改善するために大切です。
腸が止まっているような状態のままにしてはいけないのです。そのためにも運動により腸を動かして、少しでも刺激を与えていくことが大切です。

 

ヨーグルト

 

つぎに発酵食品を日常的に食べることも大切です。
発酵食品には、お腹の環境を良くする善玉菌が含まれています。特に重度の便秘などで腸内環境が悪くなっている方は、腸内の善玉菌が減ってしまっている状態なので、善玉菌を増やしていくことが大切なのです。

 

ここで注意していただきたいところは、発酵食品を取りつつ、食物繊維を多く含んだ野菜も食べていくことです。善玉菌の増加には、食物繊維の栄養素が必要になります。

 

発酵食品を食べるだけでは、善玉菌の増加は十分でなく、両方を摂取することによって善玉菌の増加を効率良く促すことができるのです。

 

このように腸の環境を良くすることによって、段々と腸の動きも良くなってきます。それまで便秘で苦しんでいた方も、腸が動くようになってきて、自力で排便をすることも楽になってくるのです。

 

食物繊維の多い野菜と発酵食品を毎日食べることが難しい方には、大正製薬のヘルスマネージ乳酸菌青汁を飲むと同時に摂取することが可能です。

 

大正製薬ヘルスマネージ乳酸菌青汁

 

大正製薬のヘルスマネージ乳酸菌青汁は、素材を選び抜いた安心の大麦若葉を使用されています。

 

食物繊維と一日に必要なビタミン・鉄分・葉酸などを摂取できることや、腸の環境を整えるビフィズス菌を200億個含んだ、腸内環境を整えるために必要な要素を含んだ便秘の人におすすめの食品です。

 

食物繊維の多い野菜と発酵食品を毎日食べることが難しい方は、便秘の改善のためにも導入してみてはいかがでしょうか。

 

ヘルスマネージ乳酸菌青汁をお得に購入するにはコチラ

 

大正製薬のヘルスマネージ乳酸菌青汁のお得な購入情報

大正製薬のヘルスマネージ乳酸菌青汁を試してみたいと考えている方におすすめ!!

 

現在定期お届けコースを選択すると、初回限定73%OFFの980円で購入が可能です。2回目以降も毎回10%OFFで購入できるので、継続して腸内環境の改善に取り組んでいく方におすすめの定期コースとなっています。

 

大正製薬ヘルスマネージ乳酸菌青汁

 

ヘルスマネージ乳酸菌青汁は粉末状となっているので、青汁ドリンクを作るシェイカーも付いてくるのも嬉しいところですよね。

 

定期継続回数の制限はないので、いつでも解約ができるのでお試し感覚で安心してご利用できます。

 

まずは腸活を始める行動からはじめてみませんか。

 

このページの先頭へ戻る