野菜不足で肌荒れ・ニキビが深刻化してしまう!肌荒れの原因と解消をする方法は

野菜不足で肌荒れ・ニキビが深刻化

 

野菜不足の状況が続くと肌荒れや、ニキビなどの肌トラブルの原因なることについて紹介していきます。

日常的に野菜不足の方や、肌荒れやニキビなどの肌トラブルで悩んでいる方は、肌トラブルの原因について知っていただき、解消するケア方法について学んでみませんか。生活習慣の改善を含めて、参考にしていただければと思います。

 

野菜不足が肌荒れ・ニキビの原因に

毎日の食事で、十分な野菜を食べることができていますか?
実は多くの人が、一日3食を食べていても、野菜が不足している傾向にあります。
野菜の摂取が不足すると、様々な影響がでてきます。

 

特に女性の方には大きな悩みとなる、肌荒れやニキビなどの肌トラブルは、野菜不足によって発生する可能性があるのです。それでは野菜不足によって、どのように肌荒れやニキビなどの引き起こされるのか紹介していきます。

 

野菜不足で腸内環境が悪くなる

野菜不足で腸内環境が悪くなる

 

野菜不足の生活が続いていると、腸内環境が悪くなってしまいます。
次のようなことが、腸内では発生していきます。

 

  • 腸内の動きを整える、善玉菌が減少する
  • 腸内で毒素を作りだす、悪玉菌が増加する

 

このような状態に陥ると、腸内環境はみるみる悪くなっていきます。
その結果、便秘や下痢、お腹が張ってしまったりなどの身体への影響が出てくるのです。

 

そして肌荒れやニキビの原因となる、もっとも注目するべきところは、腸内で増加した悪玉菌が生成する毒素にあるのです。この悪玉菌が生成する毒素が体内で蓄積されていくと、血中に吸収されていまい、身体中にその毒素が循環してしまいます。その毒素の影響により肌に悪い影響を及ぼしてしまうのです。

 

その結果、肌荒れやニキビ、お肌のくすみなども発生してしまいます。

 

睡眠不足も腸内環境の悪化に

睡眠不足も腸内環境の悪化

 

肌荒れやニキビの原因について、理解したいただいたと思います。ここでもう一つ、腸内環境が悪化する別の要因も触れていきます。

 

それは「睡眠不足」にあります。
あなたは毎日、最低6.5時間は睡眠をとれていますか。

 

仕事で忙しい方や、睡眠のサイクルが不安定な方は6.5時間は睡眠もとれていない方が、少なくないと思います。しかしこの睡眠不足に関しても、腸内環境の悪化に繋がり、最終的には肌荒れやニキビの原因になります。

 

睡眠不足は、腸の活動を低下させます。
腸は寝ている間に、活発機能して身体に不要な老廃物を排出するために、便として溜め込みます。しかし睡眠不足の状態が続くと、睡眠中にするべきことがしっかりと果たすことができなくなり、排便までの準備ができなく腸内に悪い物が蓄積させていくことになります。

 

そうなると、腸自体の働きが悪くなってしまうのです。
ですから腸内環境を良くするためにも、十分な睡眠とることは大切なことなのです。

 

野菜不足を解消して肌荒れ・ニキビ対策

野菜不足や睡眠不足による腸内環境の悪化と、それによる悪玉菌が生成する毒素が原因で、肌荒れやニキビなどが発生することを紹介してきました。

 

そこで肌荒れやニキビをどのようにして、解消していくのかケア対策を紹介していきます。

 

まずは悪玉菌の減少に取り組む

食物繊維の多い野菜

 

腸内環境の悪化と悪玉菌の増加は、密接な関係があります。
そこで悪玉菌の減少をさせ、腸内環境を整える善玉菌を増やしていくことが大切です。

 

悪玉菌を減らすことと善玉菌を増やすことは、表裏一体なので善玉菌を増やすことを取り組んでいきます。

 

  • 肉食や高脂肪な食べ物を減らす
  • 食物繊維の多い野菜を摂取する
  • 乳酸菌を含んだ発酵食品を摂取する

 

肉食や高脂肪な食べ物は、悪玉菌の増加を手助けしてしまいます。悪玉菌を減らすためにも、肉食や高脂肪な食べ物は減らしていく必要があります。

 

肉食や高脂肪な食べ物は減らした代わりに、食物繊維の多い野菜を摂取してください。もともと野菜不足で腸内環境が悪化して、肌荒れやニキビが発生しているので、野菜不足の生活を改善することは必須といえます。
また食物繊維の多い野菜には、善玉菌の増加に必要な栄養素を含んでいるので、善玉菌の増加には必須の食べ物となります。

 

ただし野菜の摂取を増加して、便秘が悪化して悩むケースもあるので、下記も参考にしてください。

 

食物繊維の多い野菜で便秘が悪化した人

 

野菜不足を補うだけでなく、腸内で減ってしまった善玉菌を増やすことが必要です。
そのためには、乳酸菌などを含んだ発酵食品を日常的に食べていくことが重要となります。納豆・味噌・塩麹・酢・ヨーグルト・チーズなどの発酵食品を適度に食べていき、腸内の善玉菌を増やしていきましょう。

 

十分な睡眠と程度な運動をしよう

十分な睡眠と程度な運動をしよう

 

睡眠不足が腸内環境を悪化させることについて前述しましたが、肌荒れやニキビを改善するためには、睡眠不足となる生活を改善する必要があります。

 

仕事が忙しい人は、仕事を減らすか、仕事以外の時間の無駄な部分を見直すなどをし、睡眠時間をしっかりと確保してください。寝つきを良くするためにも、寝る前にスマホなどを操作していると、目が覚めてしまうとので、見ないようにしてください。

 

また腸の活動が弱ってしまった人には、少しでも腸が動いてもらうためにも、適度に運動をすることをおすすめします。特に便秘などの症状で悩んでいる場合には、腸を動かしていくことは大切です。

 

野菜不足で肌荒れ・ニキビが深刻化まとめ

野菜不足で肌荒れ・ニキビが深刻化とすることと、その原因と解消をするケア方法について紹介してきました。毎日忙しい生活を送っている方には、なかなか生活環境の改善をしていくことが難しい方もいると思います。

 

そんな方には、ヘルスマネージ乳酸菌青汁をおすすめしています。

 

大正製薬ヘルスマネージ乳酸菌青汁

 

野菜不足を補うための、豊富な栄養素や食物繊維が摂取できる粉末タイプの乳酸菌青汁となっています。また乳酸菌が200億個(1袋あたり)含まれていますので、腸内の善玉菌を増やしていくことも期待できます。

 

水や牛乳などに溶かして、おいしい乳酸菌青汁ジュースとして飲んでいただければと思います。

 

このページの先頭へ戻る