野菜不足の不調は危険の警告!

野菜不足の不調は危険の警告!野菜不足で起こる身体の不調を知り健康について考えよう

野菜不足

 

野菜不足の不調は危険の警告です。野菜不足の生活をしていると、どのような不調が出てくるのか紹介していきます。

毎日仕事で忙しくて野菜不足になっている方や、普段の食生活が肉食がメインになって、野菜をほとんど食べない方は、野菜不足になって身体にあらわれる不調について知っていきませんか。

 

野菜不足で起こる不調

あなたは十分な野菜の摂取ができていますか。
野菜には人間が生きていくために必要な野菜でしか摂取できない栄養素が、たくさん含まれています。しかし食生活や生活習慣の変化で、野菜不足になる方が増えてきています。

 

そんな野菜不足でおこる身体の不調について、下記にまとめてみました。

 

腸内環境の悪化

腸内環境の悪化

 

野菜不足の状況が続くと、腸内細菌のバランスが崩れ腸内環境が悪化します。
腸内を整える善玉菌が減少し、腸内環境を悪化させる悪玉菌が増加するからです。

 

また腸内環境の悪化が原因で、様々な身体の不調が発生するので、野菜不足と食生活と密接に関係してきます。

 

免疫力の低下

免疫力の低下

 

腸には身体を病原菌やウィルスから守る免疫システムが備わっています。野菜不足により腸内環境が悪化すると、その影響により免疫システムの機能が低下して、免疫力が低下します。

 

免疫力が低下すると、風邪を引きやすくなったり様々な病気にかかりやすくなります。

 

便秘・下痢・ガスによるお腹の張り

便秘・下痢・ガスによるお腹の張り

 

野菜不足になると、腸内環境が悪化ととに便秘や下痢、ガスによるお腹の張りなど、お通じに関わるトラブルが発生しやすくなります。

 

肌荒れ

肌荒れ

 

野菜不足により悪玉菌が腸内に増えてくると、悪玉菌が生成する毒素が蓄積させてきます。
その毒素が血中を通して身体中に循環すると、肌へ悪い影響を与えてしまいます。肌荒れやニキビ、吹き出物、肌のくすみなど、お肌のトラブルの原因となります。

 

口内炎ができやすくなる

口内炎

 

野菜不足により、ビタミンB群が摂取できずに不足すると、口内の粘膜に炎症を起こす口内炎ができやすくなります。

 

食事をするときに、食べ物や歯などとスレたりして痛みを伴います。ビタミン不足やストレスとも大きく関わることなので、しっかりとビタミンB2を含んだ野菜を摂取していくことが大切です。

 

うつ

うつ

 

野菜不足より、ビタミンB群の葉酸という栄養素が不足すると、うつ症状やうつ病になりやすくなるようです。
特に葉酸の摂取量が減ってしまうと、脳に必要な栄養素が不足してしまいます。脳に対する影響は精神面にも影響し、うつ病へも繋がっていきます。

 

野菜不足の不調は危険の警告まとめ

野菜不足による身体への不調について紹介してきましたが、いかがでしょうか。

 

人によって、身体に影響してくる症状は様々ですが、自分はコレかなと思いあたるようなことがあったのではないでしょうか。野菜不足が深刻化すると、さまざまな病気にも繋がるので、しっかりと野菜を食べる食生活にしていく必要がありますね。

 

ただし一日に必要な野菜の量は350gと言われています。一日で350gの野菜を食べることは、なかなか大変です。

 

大正製薬ヘルスマネージ乳酸菌青汁

 

ヘルスマネージ乳酸菌青汁を飲んで、不足分の野菜を補っていただければと思います。ビタミンB2・鉄分・葉酸など豊富に含まれているので、野菜を食べる量を増やしつつ、不足分を補っていくことをおすすめします。

 

 

関連記事


野菜不足は太る
野菜不足は太るという真実!!止まらないデブ化と野菜不足


野菜不足で肌荒れ・ニキビ
野菜不足で肌荒れ・ニキビが深刻化!肌荒れの原因と解消法

このページの先頭へ戻る